健康は栄養バランスのとれた食事から

健康に生きるためには栄養を取るのは大事ですが、取りすぎは逆効果です。栄養素の摂取の目安とは?

健康は栄養バランスのとれた食事から

健康に生きる為に必要な栄養素摂取の目安

健康に生きる為であったとしても、栄養成分の高いものを取りすぎる事は決して良い事ではありません。大切なことは、健康な生活を営むために丁度良い食物摂取を行う事です。

この事を栄養が良い状態と言います。
しかし、戦後に食生活の変化が起こり、欧米化が進んだ事や、インスタント食品などの高エネルギー食品の増加もあり、動物性タンパク質や脂質の過剰摂取が問題となってきております。
反面、ビタミンやミネラルは足りていないという問題もあるのです。

また、交通手段の著しい発達により運動不足も深刻です。

ちょっとした移動の際でも自動車や公共交通機関を利用する現代では、便利な反面、人体には問題もあるものです。

当たり前の事ですが、食物から摂取したエネルギーが消費したエネルギー量より多くなければ、余った分のエネルギーは脂肪として体内に蓄えられます。
それが過剰になると肥満になり、生活習慣病など、健康に害を及ぼす可能性が高くなる事もあります。

では、実際にどれだけの栄養素を摂取するのが良いのか、という所なのですが、これについては国が発表している栄養所要量を目安に考える事が良いです。

人が健康を維持し、元気に生活をする為にはどれだけのエネルギーや栄養素を摂取するのが良いのかを表示しています。
性別や年齢に応じて日本人として平均的な身長と体重をもった人間を想定して示されているもので参考になります。
また、必要なエネルギーや栄養素を摂取するための目安にもなります。

おすすめ情報

Copyright 2017 健康は栄養バランスのとれた食事から All Rights Reserved.